お礼は見てのお帰り(7)を考える

朝8時30分、プラットホームに入ってきた電車の起こした風が、電車を待っていた女のスカートを巻き上げた。
振り向いた彼女は周囲で茫然としている男どもに「こういうときは礼を言うものだ」と言い残してひとり電車に乗り込むのだった。
その後も彼女は、浮浪者を元気づけ、お婆さんを引きかけた暴走族をやっつけてしまう。
ムチムチのボディコンに身を包み、茶色のロングヘアをなびかせる一本木礼子。
警察官である彼女は一見イケイケ女、しかしその実態は礼儀に厚くて弱いものの強い味方。
そんな彼女が正義のために日々戦う、婦人警官物語!朝8時30分、プラットホームに入ってきた電車の起こした風が、電車を待っていた女のスカートを巻き上げた。
振り向いた彼女は周囲で茫然としている男どもに「こういうときは礼を言うものだ」と言い残してひとり電車に乗り込むのだった。
その後も彼女は、浮浪者を元気づけ、お婆さんを引きかけた暴走族をやっつけてしまう。
ムチムチのボディコンに身を包み、茶色のロングヘアをなびかせる一本木礼子。
警察官である彼女は一見イケイケ女、しかしその実態は礼儀に厚くて弱いものの強い味方。
そんな彼女が正義のために日々戦う、婦人警官物語!朝8時30分、プラットホームに入ってきた電車の起こした風が、電車を待っていた女のスカートを巻き上げた。
振り向いた彼女は周囲で茫然としている男どもに「こういうときは礼を言うものだ」と言い残してひとり電車に乗り込むのだった。
その後も彼女は、浮浪者を元気づけ、お婆さんを引きかけた暴走族をやっつけてしまう。
ムチムチのボディコンに身を包み、茶色のロングヘアをなびかせる一本木礼子。
警察官である彼女は一見イケイケ女、しかしその実態は礼儀に厚くて弱いものの強い味方。
そんな彼女が正義のために日々戦う、婦人警官物語!朝8時30分、プラットホームに入ってきた電車の起こした風が、電車を待っていた女のスカートを巻き上げた。
振り向いた彼女は周囲で茫然としている男どもに「こういうときは礼を言うものだ」と言い残してひとり電車に乗り込むのだった。
その後も彼女は、浮浪者を元気づけ、お婆さんを引きかけた暴走族をやっつけてしまう。
ムチムチのボディコンに身を包み、茶色のロングヘアをなびかせる一本木礼子。
警察官である彼女は一見イケイケ女、しかしその実態は礼儀に厚くて弱いものの強い味方。
そんな彼女が正義のために日々戦う、婦人警官物語!徳川家康の首級ただ一つを狙い、真田幸村、そして十勇士たちは最後の戦場へ向かう―。
戦国伝奇浪漫の傑作、ここに完結! 漢たちの壮絶な生き様を見よ!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60015853