紙の砦の意味について

太平洋戦争の末期、戦火にさらされた大阪の町で、すきっ腹をかかえながら好きな漫画の道にうちこむ一人の少年がいた……。
表題作「紙の砦」他、巨匠手塚治虫が青春時代の思い出を綴った6編を収録して贈る自伝的作品集!父と母を人間に殺され、人間に復讐の牙をとぐジャガー“バギ”。
射撃の腕を買われた麻里夫は懸賞をかけられたバギに対決を挑む…。
南米を舞台に、人間と動物の憎悪、理解を描く「大地の顔役バギ」ほか、4編を収録。
ふえすぎた人間は、海に住むべきだ! 実験のため、おとうさんに水中人間第一号に改造されたピピちゃん! カメのおかあさんに助けられ、兄きのガボさんといっしょに大冒険の旅に出る! 傑作SFファンタジー!ころは幕末。
だれも近づかぬ原始境の開拓に須田紋左は情熱を燃やす! 変わりゆく足伏が原に、歴史の大きな動きをえがく時代開拓物語「平原太平記」。
ほかに、SF版かぐや姫ともいうべき「月世界紳士」を収録。
人間失格者は、手術により野獣に変身させられていた!? 未来の恐怖をえがく「ザムザ復活」など7編の変身物語を収録。
手塚漫画不滅のテーマともいうべき『変身』をめぐり、さまざまなドラマが展開する傑作短編集!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60001430